第18話 『苦手コース克服のために』

2012/08/01 0:20 に Editor M が投稿

お久しぶりです。 プーケットはローシーズンと言われる時期に入っておりますが、ここ最近お天気が良く、絶好のゴルフ日和が続いています。

お天気がよくなるといろいろな方からゴルフのお誘いが入るのがとても嬉しいですね。 今日はちょっと苦手コースについて考えてみたいと思います。私が行くゴルフ場はメンバーでもあるプーケットカントリークラブがほとんどです。ここはカートがないので、体力づくりにはもってこいのコースです。18ホール全てが変わった顔を持ち合わせているため、周り慣れてくると各コースに愛着がわいてきます。これはゴルファーなら誰もが感じることではないでしょうか。

さて、愛着がわくのはいいのですが、それでも苦手なコースは多々あります。苦手なコースを克服すると、もちろんスコアがよくなるわけですが、そこがゴルフの難しいところで 何度も同じミスをしてしまうことが多いようです。

ある日、ご一緒したTさんが言いました。『その日のゴルフの成績をつけていますか?』 ん?どういうことだろうと思い、よく聞いてみるとTさんはゴルフが終わり自宅に戻ったら、PCにその日のホールごとの状況をまとめるそうです。そうすると、どこのホールで崩れやすいのか、またそのホールではどういう場所でミスをしたのか、さらにその時に利用したクラブは何だったのかということまで 詳細に記載するそうです。

なるほど。 そうすると打ち方を変えたり、クラブを違うものに変えたりという具体案がそのコースをスタートする前からわかるということで、 少しずつスコアがよくなるんだそうです。 まだ私の場合、PCで管理するまでは行っていませんが、苦手なホールではドライバーを使わずに3番ウッドを利用したり、 5番ウッドを利用したりして、大崩れしないように心掛けています。

グリーンまで残り、20~40ヤードは以前馬場さんに教わった方法でかなり向上してきましたが、 最近の課題は残り50~100ヤードのようです。それから後半体力が落ちてくるとドライバーの方向性が悪くなるようなので、 その点にも注意するようにしています。

これからはゴルフの後、ビールで酔っぱらう前に、できるだけその日のコースの詳細をまとめて次に活かしたいと思います。 皆さんもぜひトライしてみてください。きっとスコアが良くなると思いますよ。

Comments